Nepal 遊行記

ネパール カトマンドゥにて2

更新日:

 カトマンドゥは喧噪と汚濁に満ち、いくつもの深刻な問題を抱えていた。

 大気汚染もその一つだ。

 カトマンドゥを走る車のほとんどが、インドから仕入れた中古車である。

 インド国内を走る車もひどいが、さらにその中古である。そのうえネパールで売られているガソリンは不純物が多く、インドよりも格段に質が劣る。

 そのため車の管がすぐに腐ってしまうので、ガソリンを垂れ流しながら走っている車も多い。

 日本では、間違いなく廃車扱いになるような車がほとんどだ。

 街に出るとき、私はいつもマスクをしていた。マスクをしないで街を歩いた日の晩は、大抵、鼻炎と頭痛に襲われる。

 登山口への坂道が始まる場所から、バスの屋上に登った。

 道が舗装される前は、しっかり掴まってないと振り落とされそうだった。村人でぎゅうぎゅう詰めになったバスは、右へ左へと大きく揺れ、いつ横転してもおかしくなかった。

 実際、横転したこともあったらしいが、舗装された今は、優雅なものだ。

 道いっぱいに、籾殻のついた米粒が敷き詰めてあるのが見えた。

 バスは容赦なく、米を踏みつぶしていく。車に踏ませて、脱穀するのだ。だから安い米は砕けており、砂利がたくさん混ざっている。

 チャイ屋の前で、バスの屋根から飛び降りた。

 寺院に続く坂道を下って行く。

 斜面に、段々に設けられた田は、揺れる淡黄色の稲穂で埋め尽くされていた。

 遠くの方から、かすかに歌声が聞こえてくる。

 赤や、青の鮮やかなドレスを着た女性たちが、歌いながら稲穂を担いでいた。

 収穫の季節だった。

-Nepal, 遊行記

Copyright© アディブッダサイト , 2019 All Rights Reserved.