チベットの瞑想法

私がチベット仏教を学び始めた平成十年当時とは異なり、現在では日本にいながらチベット人のラマからチベット仏教の高度な教えを学ぶことが可能となった。

このような状況において、浅学非才の私がチベット仏教の瞑想について紹介する意味があるのかと自問した。

その上で、自分以外の瞑想体験や気づきなどを知ることは有益であるという結論からブログに掲載することにした。

一修行者の体験や気づきとしてお読みいただければ幸いである。

 

 

 

2019/11/3

ゾクチェン・トゥカルの法性の顕現と海水浴とアイソレーションタンク ※2019.9.15更新

チベット仏教ニンマ派のゾクチェンという教えに、トゥカルというとても魅力的な瞑想法があります。 このトゥカルという瞑想法は技法としては極めてシンプルなのですが、まったくの無作為、まったくの無思考の状態で視界に様々な顕現が生じるというとてもユニークな瞑想なのです。 トゥカルには階梯があり、段階的に修行が進みます。 瞑想法は数多く存在しますが、世間にはまったく修行が進んでないのに、瞑想の達人になったかのように錯覚してる人が数多く存在します。 しかし、トゥカルは自分の境地に応じて目の前に生じる顕現が異なるので、そ ...

Copyright© アディブッダサイト , 2019 All Rights Reserved.