Thailand 遊行記

タイ パンガン島にて 3

更新日:

 ちくちくという痛みで、目が覚めた。

 椰子の間から、真夏の太陽がひどく擦りむけた足を照りつけていた。

 強い鎮痛剤で朦朧としたまま、しばらく傷を眺めていた。

 すると、午前中の出来事が、うっすらと思い起こされてきた。

 私たちは、パンガン島の砂だらけの道をバイクで走っていた。

 砂でハンドルを取られるたびに、後ろに乗っている友人は豪快に笑いとばしていた。

 カーブのたびにスリップしたが、「マイペンライ(大丈夫)」を連呼する友人の勢いにおされ、そのまま運転を続けてしまった。

 下り坂にさしかかったとき、ハンドルを砂に取られ横転した。

 私の足は、友人とバイクの下敷きになり、そのままの体勢で坂の下まで、ずりずりーっ、とずり落ちていった。

 バイクはプラスチックの部分が割れただけだったが、私の右足はかなり擦り減って骨まで削れていた。

 光を浴びて虹のように輝く、でっぷりとした銀蠅が、まだ乾燥していない傷口をなめているが、痛みは蠅によるものではなかった。

 病院では、骨が見えてるところは包帯を巻いてくれたが、それ以外のかなり深い傷でも消毒しただけだった。

 しばらく傷を眺めていると、ちくちくの原因を見つけた。メルヘンの世界にしかいないようなアゴが異常に大きな蟻が、ささくれだった皮膚に噛みついていたのだ。

 蟻は固く乾燥した皮膚を噛みちぎろうとして、ユーモラスに首を振っている。

 首を振る蟻の向こうには、水色の空と碧く静かな海が広がっていた。

 微かな波の音。

 椰子の葉が擦れ合う音。

 蠅の羽音。

 しばらく、蟻の仕事を眺めていたが、蟻はいつまでたっても首を振っているだけだった。

 私は、皮膚の乾燥した部分をちぎり取り、蟻に渡した。

 自分の身体の三倍はある巨大な食べ物を、蟻は後ろ向けになって引きずって行った。

 傷口にたかっている蠅は、六匹だった。

 五匹の黒い蠅と、一匹の太った銀蠅。

 黒い蠅が傷口にとまっても、さりげないものだったが、銀蠅のそれは、響くような重量感があった。

 傷口の上で留まっている間、銀蠅は乾いていないリンパ液の中に口を付けじっとしていた。

 ひんやりとした感触が、音律的に伝わってくる。

 蠅は、唾液を吐き出して食物を溶かし、それをまた吸い取ることにより、栄養を補給しているのだ。

 銀蠅は、手をこすり、頭をくりくり動かして、飛び上がった。そして、すぐまた傷の上にとまって、同じことを繰り返している。

 何度も同じことを繰り返した後、銀蠅は尻をもこもこと傷口に伸ばした。

 そして飛び上がった。

 そこにはなんと、小さな蛆が身をくねらせていたのだ。

 卵から生じる蛆しか知らなかったので、いきなり母から生まれ出た新しい生命に、ささやかな驚きと大きな喜びが生じた。

 いつの間にか、碧かった海が、沈みゆく太陽に紅く染められていた。

 世界は、高度に調和された完全なる美だ。

 喧噪の中にあっては、寂静なる世界の真実を認識することはできない。

 外的に喧噪を離れ、内的に喧噪を離れ、あの寂静なる場へ赴かなければならない。

 知識により加工された認識対象から離れたとき、世界の完全なる美しさを知る。

-Thailand, 遊行記

Copyright© アディブッダサイト , 2019 All Rights Reserved.