神仏 神道・神仏習合

神神習合=神仏習合の成立基盤 日本人の和のこころ

投稿日:

『神と仏の出逢う国 』(角川選書)の中で

著者の鎌田東二氏は

「神仏習合」が成立してくる基盤として

「神神習合」があった

この神々自体が習合するという

文化基盤の上に

「神仏習合」という、日本列島における

神々と仏菩薩の出会いと相互関係性が

作り上げられていったと考え

られてます。

オオクニヌシに別名が多いのはそのためでしょう。

以下はオオクニヌシの別名です。

大国主神(おおくにぬし の かみ)
大穴牟遅神(おおあなむぢ-)
大己貴命(おおなむち-)
大穴持命(おおあなもち)
大汝命(おおなむち-)
大名持神(おおなもち-)
国作大己貴命(くにつくりおおなむち-)
八千矛神(やちほこ-)
葦原色許男・葦原醜男・葦原志許乎・
葦原志挙乎命(あしはらのしこを)
三諸神(みもろ の かみ)
大物主神(おおものぬし-)
八戸挂須御諸命
(やとかけすみもろ の みこと)
大物主葦原志許
(おおものぬしあしはらのしこ)
宇都志国玉神/顕国玉神(うつしくにたま-)
大国魂神(おおくにたま-)
伊和大神(いわ の おおかみ)
国堅大神(くにかためましし おおかみ)
占国之神(くにしめましし かみ)
所造天下大神
(あめのしたつくらししおおかみ)
地津主大己貴神
(くにつぬしおおなむち の かみ)
国作大己貴神
(くにつくりおおなむちのかみ)
幽世大神(かくりよ の おおかみ)
幽冥主宰大神
(かくりごとしろしめすおおかみ)
杵築大神(きづき の おおかみ)

 

オオクニヌシのように別名の多い神は

日本列島各地に暮らしていた

我々のご先祖さまが

他の氏族に出会った際に

相手が信仰する神を否定することなく

対話の中で

お互いの神の共通点を見つけることで

異なる場所で祀られていた

異なる名前の神が

同じ神の別名と解釈されたのでしょう。

その神がお互いの氏族における氏神ならば、

同族であるとみなされることも

あったでしょう。

縄文時代に大きな戦が無かったというのも

このような

和の精神が根付いていたからでは

ないでしょうか。

そのような精神を文化基盤として持つ日本に

仏教が伝えられたとき

仏教の仏菩薩、および天尊は、

蕃神(あだしくにのかみ=異国から来た神)

とされました。

ここでも

国内の神と同様に神神習合、

神仏習合がおこったわけです。

ですから時には

次のようなこともおこります。

日光の男体山権現は、

山王権現と同様に

オオナムチノミコトであるが、

この神がその昔、

赤城山の神と戦ったという話がある。

両者が戦ったのが今に残る奥日光の

「戦場ヶ原」であり、

日光の神が赤城の神を倒したのが

栃木県宇都宮

すなわち「討つの宮」だという。

ところが、

実はこの赤城山神もまた

男体山権現同様にオオナムチノミコト

とされているのである。

だとすれば

同じ神同士が戦ったことになり、

ずいぶん奇妙な話となる。

羽田守快『天部信仰読本』

おもしろいですね。

天部信仰読本

 

 

 

 

 

 

-神仏, 神道・神仏習合

Copyright© アディブッダサイト , 2019 All Rights Reserved.