仏教・瞑想 坐禅三昧経

『坐禅三昧経』13「第四 思覚を治するの法門」1

更新日:


はじめての方は『坐禅三昧経』1からどうぞ

『坐禅三昧経』12のつづき

第四 思覚を治するの法門

若し思覚偏多なれば、当に阿那般那三昧(あなはんなざんまい)の法門を習すべし。

三種の学人有り。

或いは初めて行を習し、或いは已に行を習し、或いは久しく行を習するなり。

若し初めて行を習せば、当に教うべし。

言わく、「一心に数を念じて息を入れ息を出(い)だせよ。

若しくは長く、若しくは短く、数えて一より十に至れよ」と。

若し已に行を習せば、当に教うべし。

言わく、「数えて一より十に至り、息の入出に随いて、念と息と俱に心の一処に止どめよ」と。

若し久しく行を習せば、当に教うべし。

言わく、「数・止・観・随・転観・清浄の阿那般那三昧六種門十六分なり。

云何が数と為すや。

一心に息を入るるを念じ、息を入れて竟うるに至りて一を数え、息を出だして竟うるに至りて二を数う。

若し未だ竟(お)わらずして数うれば、数うるに非ずと為す。

若し二より九に至るまで数えて誤らば、更(あらた)めて一より数え起こせよ。

譬うるに人を算(かぞ)うるが如し。

一一は二と為し、二二は四と為し、三三は九と為す」と。

 

問いて曰く、「何を以ての故に数うるや」と。

答えて曰く、「無常観、得(え)易きが故なり。

亦た諸もろの思覚を断ずるが故なり。

一心を得(う)るが故なり。

身心の生滅の無常は相似相続して見難きも、入息・出息の生滅の無常は知り易く見易きが故なり。

復た次に、心、繫すること数うるに在らば、諸もろの思覚を断ぜん。

思覚は欲思覚、恚(い)思覚、悩思覚、親里(しんり)思覚、国土思覚、不死思覚なり。

浄心を欲求して正道に入らば、先ず当に三種の麁(そ)思覚を除却すべし。

次に三種の細思覚を除けよ。

六覚を除き已(お)わらば、当に一切の清浄なる法を得べし。

譬うるに金を採るに、人、先ず麁(あら)き石砂を除き、然る後ちに細かき石砂を除きて、次第に細かき金砂を得るが如し」と。

 

問いて曰く、「云何が麁病と為すや。云何が細病と為すや」と。

答えて曰く、「欲・瞋・悩の覚は、是れ、三つながら麁病と名づけ、親里・国土及び不死の覚は、是れ、三つながら細病と名づく。

此の覚を除き已わらば、一切の清浄なる法を得ん」と。

『坐禅三昧経』14につづく

-仏教・瞑想, 坐禅三昧経

Copyright© てんしょー寺blog , 2021 All Rights Reserved.