仏教・瞑想 坐禅三昧経

『坐禅三昧経』5 是くの如く種種なるは、是れ婬欲の相なり

更新日:

はじめての方は『坐禅三昧経』1からどうぞ
『坐禅三昧経』4のつづき

 或いは復た之れを問わん。

「三毒の中、何れの者、偏重せるや。

婬欲、多きや。

瞋恚、多きや。

愚痴、多きや。

云何(いかん)が相を観ずるや。

若し婬すること多き相ならば、為人(ひととなり)、軽便(きょうびん)にして、妻妾(さいしょう)を蓄(たくわ)うること多く、語ること多く、信ずること多く、顔色和悦にして、言語便易なり。

瞋恨(しんこん)少なく、亦た憂愁少なし。

技術を能くすること多く、聞くを好みて多識なり。

文頌(もんじゅ)に愛著(あいじゃく)して、談論を善能(よ)くし、能く人情を察して、諸もろの畏怖多し。

心に房室在りて、薄衣を好著し、女色(にょしょく)を渇欲し、臥具(がぐ)・服飾・香華(こうげ)に愛著す。

心に柔軟(にゅうなん)多く、能く憐愍有り。

言語に美(うる)わしく、好みて福業を修む。

意に生天を楽(ねが)い、衆に処りて難無し。

人の好醜を別(わ)かちて、婦女を信任し、欲火熾盛(しじょう)にして、心に悔変多し。

喜びて自ら荘飾し、綵画(さいが)を観るを好む。

己(おの)が物を慳惜(けんじゃく)して、他の財を僥倖(ぎょうこう)す。

友と結観するを好み、独処するを喜ばず。

止(とど)まるところに楽著して、流俗に随逐す。

乍(たちま)ち驚き、乍ち懼れ、志、彌候(みこう)の如く、見るところ浅近にして、事を作(な)さば、慮(おもんばか)り無し。

軽志にして、為(な)すところ、意に適(かな)うを得るに趣かば、喜びて啼(な)き、喜びて哭(な)く。

身体、細軟にして、寒苦に堪えず。

阻(くる)しみ易く、悦び易く、事を忍ぶ能わず。

少しく得れば大いに喜び、少しく失わば大いに憂(うれ)い、自ら伏匿せるを発(あば)く。

身、温かく、汗、臭く、薄膚・細髪にして、皺多く、白きこと多く、爪を剪(き)り、髭(ひげ)を治(ち)し、歯を白くす。

行に趣きて、潔浄の衣を喜ぶも、学、専一ならずして、林苑に遊ぶを好む。

多情にして求むること多く、意、常見に著す。

有徳(うとく)に附近して、意に先だちて問訊(もんじん)す。

他の語を用うるを喜び、顔を強(し)いて辱めに耐ゆ。

事を聞かば、速やかに解(げ)し、為すところの事業、好醜を分別して、苦厄を愍傷す。

自ら大いに勝を好みて、侵陵を受けず。

施恵を行ずるを喜びて、善人に接引す。

美(うる)わしき飲食を得れば、人に与えて之れを共にす。

近細を存せず、志、遠大に在り。

眼、色欲に著し、事、究竟せず。

遠く慮(おもんばか)ること有る無く、世の方俗を知りて、顔色を観察し、逆(さかし)まに人心を探る。

美言辯慧もて友と結ぶも固からず。

頭髪、稀疎にして、睡眠少なし。

坐臥行立(ざがぎょうりゅう)に容儀を失わず。

有(ゆう)するところの財物もて能く速やかに急を救うも、尋(つ)いで後ちに悔惜(けじゃく)す。

義を受けて疾(と)く得るも、尋いで復た喜びて忘る。

拳動を惜しみて、自ら改変し難(がた)し。

欲より離るること得(え)難きも、罪を作すこと軽微なり。

是くの如く種種なるは、是れ婬欲の相なり。

『坐禅三昧経』6につづく

-仏教・瞑想, 坐禅三昧経

Copyright© てんしょー寺blog , 2020 All Rights Reserved.