神道・神仏習合 諸神本懐集

『諸神本懐集』8 諸神の本懐をあかして仏道にいり、念仏を勤修すべきおもむきをしらしむ

更新日:

初めての方は『諸神本懐集』1からどうぞ

『諸神本懐集』7のつづき

諸神の本懐をあかして仏道にいり、念仏を勤修すべきおもむきをしらしむ

第三に、諸神の本懐をあかして仏道にいり、念仏を勤修すべきおもむきをしらしむといふは、一切の神明、ほかには仏法に違するすがたをしめし、うちには仏道をすすむるをもてこころざしとす。

これすなはち和光同塵の本意をたづぬるに、しかしながら八相成道の来縁をむすばんがためなるゆへなり。

このゆへに、ふかく生死のけがれをいむは、生死の輪廻をいとふいましめなり。つねにあゆみをはこばしむるは、勤行精進をすすむるこころなり。しかれば、ほかには生死をいむをもて、その儀とすれども、うちには生死をいとふをもて本懐とす。

うへには潔斎を精進とすれども、したには仏法を行ずるをもて精進とす。鼕々(とうとう)たるつづみのひびきは、生死のゆめをおどろかすたよりなり。

颯々(さちさち)たるすずのこえは、長夜(ぢゃうや)のねむりをさますなかだちたり。

おほよそ諸仏菩薩の利生方便に、二種の門あり。

一には折伏門、二には摂受門なり。

摂受門

摂受門といふは、諸仏菩薩の本地化導なり。

ひと、利根にして因果にあきらかになるものには、すぐに経法をもて済度したまふ。

折伏門

折伏門といふは、聖教にくらくして因果にまどへるひとのためには、賞罰をあらはして、縁をむすばしめたまふ。

後世をしらざるともがらには、

富貴をいのらしめんがために、あゆみをはこばせ、因果をわきまへざるやからには、そのたたりをなして信心をとらしむ。

これすなはち蘋繁鼓笛(ひんばんこてき)のいささかなる縁をもて、八相成道のおほきなるもといとせんとなり。

かるがゆへに今生の寿福をいのるは、結縁のはじめなるべけれども、本壊の至極にあらざれば、神慮にかなひがたし。

後生菩提をねがふは、利物のおはりなるべけれども、ちりにまじはる本意なれば、まことのちかひにかなふべし。

和光のおこり他のことにあらず。

垂迹のこころざすところ、ひとへにこれにあり。

さきの世のたねなきものは、ねがへどもかなはざれば、いのらんによりて寿命福禄をえんこともかたし。

たとひまたおもひのごとくかなひたりとも、さかんなるものはかならずおとろふるならひなれば、ひさしくたもちがたく、ゆめまぼろしの世なれば、いつまでかたのしまん。

はかなき世間にのみ着して、後世をねがはずは、神明かなしみをふくみたまはんこと、いくそばくぞや。

ただ一向に念仏を修して菩提をもとめば、あゆみをはこび、ぬさをたむけずとも、神明えみをふくみ、よろこびをなしたまふべし。しかれば、天平勝宝元年八幡宮の御託宣にいはく、

「たとひ銅柱鉄床にはふすとも、邪幣(じゃへい)おばうくべからず。汚穢不浄の身おばきらはず。ただ謟曲不実のこころをいむ。たとひ千日のしめをかくとも、邪見のかどにはのぞむべからず。たとひ二親の重服なりといふとも、慈悲のいへには、はなるべからず」

とのたまへり。

余社(よしゃ)の神明またこれになずらへてしりぬべし。

ここで天平勝宝元年(749)の八幡宮の御託宣が引用されていますが、『諸神本懐集』6に述べられている通り、八幡宮の本地は阿弥陀如来なので、存覚においては、八幡宮の御託宣は阿弥陀如来のお告げに他ならないのです。

 

されば、たとひ清浄の身なりといふとも、そのこころ邪見ならば、神はうけたまふべからず。

たとひ不浄のひとなりとも、こころに慈悲あらば、かみはこれをまもりたまふべしとみへたり。

仏法を行ぜざるは、すなはち邪見のきはまりなり。

悪をつくりて悪道にいり、善を修して菩提をうといふことを、信ぜざるがゆへなり。

念仏を信ずるは、すなわち慈悲のこころなり。

わが往生をうるのみにあらず。
かへりて一切衆生をみちびきて、苦をぬき楽をあたふべきがゆへなり。
されば仏道にいりて念仏を修せんひと、もはら神慮(しんりょ)にかなふべし。
神慮にかなふならば、えんといのらずとも、現世の冥加(みゃうが)もあり、とりわきつかへずとも、その利生にはあづかるべし。
おほよそ、神明(しんめい)は、信心ありて浄土をねがふひとをよろこび、道念ありて後世(ごせ)をもとむるものをまもりたまふなり。

 

 

 

 

 

 

※【本文】は、日本思想大系〈19〉中世神道論によりましたが、読みやすさを考慮し、カタカナをひらがなに改めました。

『諸神本懐集』9につづく

-神道・神仏習合, 諸神本懐集

Copyright© アディブッダサイト , 2019 All Rights Reserved.